×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肝臓がんの症状

肝臓がんの一般的な症状としては、

1、白目が黄色くなる2、尿が番茶色になる3、お腹が膨らんでくる4、息苦しくなる5、体重が減少する6、食欲不振になる7、お酒がまずく感じるなどの症状があげられます。はっきりいって、肝臓がんの症状を3以降の症状で判断するのは難しいことです。

しかし、肝臓がんの症状は腹痛や貧血などが発展した段階としてあるのですが、そこまできているとかなり手遅れ手遅れと言ってもいいくらいなので、上記の白目が黄色くなるなどの症状などを参考に肝臓がんを予防するしかないといえるでしょう。

末期の肝臓がんと診断されてしまったら

肝臓がんは末期といいますが、肝臓がんと診断された時にはすでに末期の肝臓がんと言ってもいいくらい症状が早い段階で出てくるような病気だといえるでしょう。巷では肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほどの臓器なのです。

なぜ、肝臓がんは発見された段階で末期と診断されやすいのかといえば、普段の検査などでは判断が難しく、画像診断や腫瘍マーカーなど比較的高度な検査でなければ肝臓がんであると診断することができないからです。この検査を受けるには肝炎ウイルスが陽性だったや肝硬変などが無ければ、医者の方は受けさせてくれないのです。

ただ、家族が末期の肝臓がんと診断されてしまったとしても落ち着いてください。本人のがんばりと家族の励ましがあれば、末期の肝臓がんでも治療することは可能なのです。一番早くやら無くてはいけないことは信頼できる肝臓がんの医者の身近な方に会いいつでも相談できるような体制を整えることといえるでしょう。それと肝臓がんは日々の食事も大切になりますから、しっかりと万全の体制で末期の肝臓がんには立ち向かいましょう。

肝臓がんの最先端の治療法

現在は肝臓がんの最先端とされている治療法としては、ラジオ波治療という治療法がありますラジオ波治療とは超音波を発生させることのできる医療機器を使って肝臓がんの位置を確かめながら治療する方法なのです。

ラジオ波が出る棒を腹筋から差し込むことによって肝臓がんを焼くという方法なのです。この肝臓がんのラジオ波治療法が出たことによって昔のような開腹手術をしてから肝臓の患部を切除するという治療法よりもかんり体に負担も無く治療できるようになったのです。ただ、この肝臓がんのラジオ波治療法をする前にある程度実績のある名医さんに尋ねることができなければなりません。なかなか簡単なことではないですが、ラジオ波で肝臓がんの細胞を焼くという治療法で世の中の人はかなり生き残っているという事実は確かなのです。

末期の肝臓がんになったからと行って、それが絶対に死につながってしまうとは間違っても思わないようにしましょう。